種ちゃんのおもちゃ箱の     更新情報&日記です   管理人:柿の種


by taneke5

コロの面会日

昨日 8月末から橋本ドックスクールに入学中のコロの面会に行って来ました。
b0201192_22523752.jpg


3回目の面会になりますが 面会と言ってもただコロに会うのではなく個別三者面談です^^;

コロの場合は最初に去勢手術を行ったので 抜糸後徐々に訓練が始まりました。
訓練と言っても最初の1ヶ月はクレートに慣れることと 出した時は先生と一緒に遊び先生はコロの性格等を観察してきたようです。

訓練に出したのも当時コロに何か問題があったからではありませんでしたが この間の成長の過程で権勢意識が強く 常に人間より優位に立ちたがる性質が強く出てきているようですぅ
( ̄_ ̄ i)タラー

まだ始めたばっかりと言うことですが 人と並んで歩く脚則歩行の訓練の様子を見せてくださいました。
散歩の時も今までは自由気ままに動いていましたから 急にリードを短く持たれあらぬ方向に行こうとするとキュッと引っ張りショックが与えられます。
このショックは正しく行えば犬にとって嫌な感触ではあるけれども苦しいものではないそうです。

コロは自由が効かないし おれ様の行く手を邪魔するのか~って感じで先生の足を止めようと前足を先生の足にかけたりズボンに噛みついたり~~~( ̄▽ ̄;)
その都度ショックが与えられますが コロも負けて無いようで....しつこく抵抗します。

先生はお構いなしで反時計回りに小走りで歩みを進めて行きます。
そうしているうちにある瞬間 コロが先生を見ながらきれいに横について歩きます。
その時のコロの顔は穏やかでちょっと楽しそう。

そうすると先生はたくさん褒めてくれるのです(≧∇≦)b
この繰り返しできちんと横について歩けば 褒められる上にショックの妙な感触も無いことを覚えて行くようです。
b0201192_22553844.jpg
将来コロがうれしそうに私の横について歩いてる図を想像してます(笑)





三者面談の時は今の段階ではコロのリードは常に先生が持ち 私は対面でお話を聞いています。

先生曰く訓練士が躾を入れることは簡単だけどそれを飼い主に引き継ぐ事が重要と!!
面会の度に飼い主が「頑張ってるね~ヨチヨチ」って犬をなでなでや抱っこしちゃうと 犬は飼い主は甘やかしてくれる人だと認識してしまい 飼い主への訓練の引き継ぎに支障が出る場合もあるようです(>_<)

先生の言うことは聞いても 私は下位の人間として見らてなめられては訓練に出した意味がないです。
コロも訓練を頑張っているわけで 私もコロを抱っこしたいのを我慢しています~^^;

先生とのお話し中はコロは先生の横にいるわけですが リードを緩めろとばかり先生の手を甘噛みしたり 土を掘り堀りしたりします。
それは私が前にいるのに近づけないのでイライラしているからだとか。

座って待てという指示が守れてないわけですが そのイライラぶりが飼い主的にはちょっと嬉しかったりします(爆)
[PR]
by taneke5 | 2011-10-11 00:00 | 豆柴コロ